空知の魅力を「写ルンです」で伝える-ソラチェケラ

今回の記事は、空知で活動をしているソラチェケラさんのご紹介です。
ソラチェケラさんとは、Instagramからご縁があり、雲海CAFEにも来て頂いたり、空知の休日の当日の撮影にもご協力を頂きました。
そんなソラチェケラさんについてのご紹介はソラチェケラさんからのメッセージと写真と共にご覧くださいませ。

land bouquet

初めまして!
素敵なイベント、そしてこうして記事を書く機会をいただきましてとても光栄です。

land bouquetさん、いつも親切にしていただいてありがとうございます!私たちは、もうすっかり皆さん、そして空知の休日のファンです。

「空知、要チェックだよ!」が合言葉、ソラチェケラと申します。

「ソラチェケラ」とは


ソラチェケラロゴ

ご存知の通り、我らが”空知” と 「要チェックだよ!これちょっとみてみて!」なんて意味をもつ英語、 “Check it Out” を掛け合わせて、ソラチェケラと名付けました。
(普段チェケラ!!なんて言葉を耳にすることはありませんか?それです!)

旅と写真をキーワードに、空知の南側にあります美唄市・岩見沢市出身のふたりで活動しています。

『 空知地方 』ってどんなところ?場所はどこ?【人口・面積】

2017.10.09

私たち photo by fourseasons

わたしたちは岩見沢東高校で出会い、大学時代はそれぞれ建築とまちづくりを学んできました。
各々の角度からまちのこと、人々のことを学び、考える中で、自分たちのルーツである空知ってなんて素敵な場所なんだろう!と気づきました。
美味しいお米にワイン、焼き鳥、おやつ。小麦、玉ねぎ、スキー場、自然、歴史、そして広い道。
挙げようと思うとキリがありません。
そんな空知の素晴らしさを、まずは自分たちの周りの人に伝えていきたい、そんな思いから2017年の7月に、「ソラチェケラ」をはじめました。

普段はインスタグラムで空知のことを発信しています。

また、夏には岩見沢や札幌、室蘭、インドネシアからのソラチェケラの友人らとともに、空知を巡る旅に出ました。

「何食べよう?」「どこ行こう?」「何を感じてもらおうかな?」「あぁ、楽しんでもらえるだろうか?」

なんて、ドキドキしながら旅程を作り、旅のしおりや、ソラチェケラフラッグも準備して、当日を迎えました。


当日配布したしおりの一部

インスタントカメラ「写ルンです」と「ソラチェケラ」

友人たちとの旅や普段のインスタグラム投稿写真には、インスタントカメラ「写ルンです」を使用しています。

何度も撮り直せるデジタルカメラ・スマートフォンが今のわたしたちにはとても身近です。そんな中、インスタントカメラは、撮れる枚数に限りがあるので、一枚いちまいをより大切に、よく考えながらシャッターを切るのではないかと思っています。
また、旅で使うと、同じ場所・同じ機材と条件は一緒なのに、それぞれの視点の違いがはっきり出てくるのが楽しいです。
現像を待つ時間で旅を二度味わえるのも醍醐味だと思います。

「今回空知を初めて目的地にしたー」だとか、「写真を撮りながら歩くと、いろんな発見があって楽しい」などと友人たちからコメントをもらいました。
わたしたちの活動を通じて、楽しみながら空知を認識してもらえるのが嬉しくて、とても幸せな休日になりました。

自分たちも地元、空知について、実はまだまだ知らないことだらけです。周りの大切な人たちと旅しながら、新たな視点で、学んでいくこともたくさんあることに気づかされました。


アルテピアッツァ美唄にて


炭鉱の記憶マネジメントセンターにて

北海道の魅力的な場所は?と言ってあげられるのは、札幌・小樽・富良野などが多いでしょう。でも空知だって。とっても素敵な場所、美味しいもの、たっくさんあります。
これからわたしたちの活動を通して、少しずつ空知の素敵さを知ってくれる人が増えて、空知が誰かの旅の目的地になっていったら素敵だろうな、なんて考えています。

空知の休日「雲海CAFE」にて写ルンですで撮影

撮りためている写真は、まだまだたくさんです。
二人であーだーこーだ言いながら、日々、あなたに、楽しく読んでもらえる記事を考えています。
是非ともお付き合いくださいね!

ソラチェケラの活動をinstagramでチェック!

FOLLOW ME!!
land bouquet

空知の休日の最新情報をCHECK!